Page: 1/239   >>
丸亀に3か所まいりがあった!?

善通寺市の「7か所まいり」は結構有名ですね。ちなみに歩くと約20kmになります。
さて、先代のS師曰く、先代が妙法寺に来るより前に富屋町界隈で『3か所参り』があったということです。
その3か所とは、1妙法寺、2大師坊、3淡島さんの3つです。淡島さんは愛媛銀行の西側にあったそうなので、3つの総距離にして500メートルあまりでしょうか(笑)。チョーお手軽ですね。
残念ながら、淡島さんは、昭和40年頃になくなり、泉聖天教(丸亀市土器町)に移転されたと伝わっています。
淡島さんとは淡島神のことで、婦人病治癒、安産・子授け、家事の上達など、女性に関するあらゆる悩み事ことにご利益のある神様といいます。
実のところは想像の域を出ませんけど、妙法寺の大黒天様に金運をお願いし、大師坊さんでは弘法大師の霊験パワーをいただき、淡島さんで女運上昇を祈願したのかもしれませんね。
写真は、現在の大師坊さんで、弘法大師の祥月命日の毎月21日に法要が営まれています。南無大師遍照金剛。

 

| 真之丞 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
一隅を照らす運動五十周年記念四国大会

 去る七月十日に松山市で一隅(いちぐう)を照らす運動五十周年記念四国大会がありました。
「一隅を照らす運動」を一言でいうと一人一人の信仰をベースにした天台宗の社会啓発運動といえるでしょう。
まず一隅を照らす運動総本部長の森定慈仁師が、運動の取り組みの現状についてお話し下さいました。
今回の講師として露の団姫(まるこ)さんがお越しで、一隅を照らす運動の広報大使もお勤めです。
講演では創作仏教落語『仏はキミをほっとけない』を披露くださいました。その後も団姫さんの巧みな語りとしぐさに、会場は終始笑いの渦に包まれました。
翌日は、道後温泉にある時宗の名刹、一遍上人の誕生寺である宝厳寺を参拝しました。不幸にも平成25年におきた境内堂宇の火災から見事に復興されていました。

 

7月10〜11日四国教区総合研修会
 

| 真之丞 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
七夕夜市in通町&浜町

本日、7月6日(土)16:00〜20:00まで、丸亀市の通町商店街と浜町商店街で『七夕夜市』が開催されています。
通町は私共妙法寺がある富屋町から東側へ一本向こうの通りです。
毎年、丸亀市内の幼稚園、保育園の園児が短冊に願いを書き、竹笹に飾るのが恒例となっています。素朴はものから、子どもならではまでいろいろな願いがかかれています。
ちなみに、うちの子は「スポーツが得意になりたい」と書きましたw。

 

通町七夕夜市の短冊


以下のHPで情報提供してますので、参考までに。
◆シャッターを開ける会さん
https://ja-jp.facebook.com/opentheshutter
◆丸亀つーしんさん
https://www.marugame2.jp/events/9345

 

通町七夕夜市のチラシ

| 真之丞 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝日本遺産!知ってる!?悠久の時が流れる石の島

瀬戸内海には島々が浮かび、石の産地として栄えたところがいくつかあります。
岡山県の笠岡市と香川県の丸亀市、土庄町、小豆島町の4市町による「知ってる!?悠久の時が流れる石の島」は今般、日本遺産に認定されました。丁場(石切り場)や巨石など、備讃諸島9島の文化財45件が組み込まれています。
我が丸亀市は本島、讃岐広島がその舞台です。郷土の歴史文化の再確認、観光振興などに期待が持たれています。

先日、讃岐広島へ参ったら、市井地区のU自治会長さんも、立石地区の尾上邸を修繕したりするらしく、この日本遺産認定について歓迎で熱く語っておられました。
四国新聞の2019/06/03朝刊記事を紹介します。

 

四国新聞20190603朝刊より

| 真之丞 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
山家会法要2019

6月4日は山家会法要があり、さぬき市のN寺様が会場で、参上してまいりました。
会場寺を含む9ヶ寺が出仕し、例時作法、伝教大師和讃をお唱えしました。
「山家会・さんげえ」とは私共天台宗の宗祖伝教大師最澄様のご命日である6/4を基準に行われる法要で、伝教会(でんぎょうえ)ともいいます。
全国の天台宗寺院または部単位で、場合によっては教区単位で報恩謝徳の法要が営まれています。
香川県では部内寺院が集まって会場を持ち回りで法要を奉修しています。来年は県内最東のJ寺様が担当です。
 

山家会法要2019

| 真之丞 | 05:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
縁起物の言葉の意味

近所(富屋町商店街)にある「熨斗紙や祝儀袋の専門店」の『伊豫飾り』さんのガラスに掲示されていたものです。ネットを調べながら私なりに解釈をしてみました。

 

縁起物の言葉の意味

 

◆鳳凰−幸運
鳳凰は、結婚の幸せをあらわす風水のシンボルとしてよく龍と対で描かれます。鳳凰単体では陽、龍と対になるとバランスの関係で陰になります。鳳凰は成長、利益、そして素晴らしい幸福な状態をあらわします。鳳凰は羽のある伝説上の生物で、強い精力、たくさんの子宝に恵まれ、変化に成功することをあらわし、飛び立つ姿は上昇し成功することを意味します。

 

◆宝船−金運
お正月によく目にする宝船は笑顔の七福神に山積みの鯛や金銀財宝。縁起物の宝船の由来にはいくつか説がありますが、もとは清き水に穢れを乗せて流すという考え方にあるとか。悪いものを流してくれる大切な水が、金銀財宝を運んできてほしいという願いから宝船の原型が作られたと考えられています。

 

◆鶴−長寿
「譴論蘿、亀は万年」といいます。鶴と亀は寿命が長い代表的生き物で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われます。 実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20〜30年、亀はゾウガメで100〜200年といわれています。

 

◆亀−長寿
「譴論蘿、亀は万年」といいます。鶴と亀は寿命が長い代表的生き物で、めでたいものとされていることから、縁起の良い賀寿などの際に使われます。 実際の寿命は、鶴がタンチョウヅルで20〜30年、亀はゾウガメで100〜200年といわれています。

 

◆薔薇−富貴
バラの花は色によってその花言葉は違いますが、日本では赤いバラは"あなたを愛します"、"熱烈な恋"といったような花言葉があり、白いバラは"無邪気"、"私はあなたにふさわしい"といった意味があります。まさしくバラは富裕と高貴の象徴たる華やかなお花です。

 

◆牡丹−良縁
良縁・縁結び・魅力を高め、良縁を導きたい方に古くから魔除けの効果があるといわれます。原産地の中国では、その姿から「百花の王」とも呼ばれて、国花にも選ばれています。そんな牡丹の優雅な姿に由来して「王者の風格、富貴、高貴」の花言葉が付けられています。

 

◆菖蒲−魔除
菖蒲は昔から病邪を払う薬草だと考えられていました。中国の書物『荊楚歳時記』(けいそさいじき、6世紀に梁の宗懍が著した中国最古の年中行事記)にも、古くから中国の人々が長寿や健康を願って菖蒲を用いていたと記されています。端午の日には、菖蒲酒、菖蒲湯、菖蒲刀など、菖蒲を用いる習俗が多くあります。

| 真之丞 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode