Page: 1/62   >>
クラウドファンディング終了と御礼

有縁のみなさん、こんにちは。妙法寺住職・大岡真祥です。

この度は、"幻の蕪村の名画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト"【クラウドファンディング】で、大変お世話になり、ありがとうございます。昨日1/10をもって当クラウドファンディングは終了となり、総額150万円をこえるご支援を賜りました。心より厚く厚く御礼申し上げますm(_ _)m。
プロジェクト(高解像度での撮影)については、まずは総代会を経ます。当方の事情や撮影会社様のご都合もふまえつつ、適宜進めさせていただき、CFページでご報告いたします。
https://camp-fire.jp/projects/208171/

与謝蕪村翁のご命日が12月25日で、ちょうどクラウドファンディング期間中でした。妙法寺所蔵の『蘇鉄図』『寒山拾得図』は常識ではあり得ない修復ドラマを持つ、貴重な蕪村画です。先の前代未聞の奇跡的修復はもとより、また今般のクラウドファンディングにおける数多のご支援と目標達成は、蕪村さんのご遺徳、お陰もいただいたような気がしております。
伝教大師(最澄さん)のお言葉に「一身(いっしん)弁じ難く、衆力(しゅうりき)成じやすし」があります。これは、一人では困難なことでも、多くの人の力を結集できれば、物事を成し遂げることができるという意味です。まさにこの通りではないでしょうか。

殊に年末からは、当方からのお願い、お願い…となりましたが、ご海容ください。取り急ぎクラウドファンディング終了と御礼のご挨拶といたします。ご協力、ご支援、誠にありがとうございました!m(_ _)m。

【追伸】今般のクラウドファンディングは終了しましたが、肝心の襖の製作費が全然足りません。引き続きご支援を勧募しており、次の方法で受け付けております。どうぞよろしくお願いします(直接ご持参も大丈夫です)。

 ■郵便振替=口座番号:01640−9−19153 加入者名:妙法寺

 ■現金書留=〒763-0021 香川県丸亀市富屋町9番地 妙法寺宛 TEL0877-22-7881

 

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

| 真之丞 | 08:33 | comments(0) | - |
最後のお願いと寒山拾得【1/10の23時59分59秒まで】

有縁のみなさん、こんにちは。
お世話になっています。"幻の蕪村の名画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト"クラウドファンディングもいよいよ最終日となり、24時間を切りました【1/10の23時59分59秒まで】。今までにご支援くださった方々、シェアくださった方々、本当にありがとうございます!。最後のお願いをさせていただきます。
https://camp-fire.jp/projects/view/208171

 

おかげさまで搬出・撮影費はメドがつきましたが、肝心の襖の製作費には全然及びません。とにかくお願いしかありません。どうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m。

妙法寺所蔵の『寒山拾得図』ですが、昭和42年に墨絵の上に油性マジックで落書きされるという事故に見舞われ、昭和58年に武智光春表具師の職人技と科学技術の融合で見事に除去に成功・復元したことは既報の通りです。
実はその事故の際にもう一つ大きな傷を負っています(負ったまま)。寒山さんのお顔にご注目ください(=写真)。破られたので顔の一部がないですよね。和紙で補修されています。お顔というとても大切な部分が欠けているのです(涙)。
今般、複製を作成するにあたり、この寒山さんのお顔を補うことができないかと模索をしています。2月に某博物館学芸員の方が妙法寺にお越しで、何かよい方法がないか相談し、ご意見を頂きたいと思っています。文殊菩薩の化身といわれる寒山さん。相談してよい智恵を授かれればなと思っています。

 

寒山のお顔の破損補修

 

◆寒山拾得(かんざんじっとく)について(『三省堂新明解四字熟語辞典』より)
中国唐代中期の寒山と拾得の二人の高僧。二人とも奇行が多く、詩人としても有名だが、その実在すら疑われることもある。拾得は天台山国清寺こくせいじの食事係をしていたが、近くの寒巌かんがんに隠れ住み乞食こじきのような格好をした寒山と仲がよく、寺の残飯をとっておいては寒山に持たせてやったという。また、この二人は文殊菩薩、普賢菩薩の生まれ変わりといわれる。画題としてもよく用いられる。
とあります。寒山が経巻を開き、拾得がほうきを持つ図は、禅画の画題となっており、仏教とご縁が深く、天台宗とも関係があります。また、森鴎外の短編小説に『寒山拾得』があります。

 

以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

| 真之丞 | 07:09 | comments(0) | - |
バリュープレス(valuepress)様に掲載【「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクトクラウドファンディング】

表記のクラウドファンディング(CAMPFIRE)も残すところ今日を含めて4日となりました!。
https://camp-fire.jp/projects/view/208171
1/10まで大丈夫ですのでご支援お願いしますm(_ _)m。

 

でもって、先ほど1/7付でバリュープレス(valuepress)様に掲載いただきました。
https://www.value-press.com/pressrelease/234015

これはバリュープレスさんの無料版でのプレスリリースです。無料ですから制限があったり、配信される(受け取ってくださる)メディアも20件だけとのことです。

 

Facebookを中心に大詰めでの各所にお願い投稿をしました。

とにかくこの度のCFに対してご支援くださった皆さん、本当にありがとうございました。
CF初挑戦でしたが、私なりにベストを尽くしたと思います。あとは1/10の終了を待ちたいと思います。

 

バリュープレス

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

| 真之丞 | 17:16 | comments(0) | - |
あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

『幻の蕪村画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト』クラウドファンディングもいよいよ大詰めです【1/10まで】。

お陰様で、搬出費と撮影費のための目標額120万円を達成することができました。ご支援くださった皆様、本当にありがとうございました。

撮影費についてメドがつきましたが、襖の制作費が不足していますので、引き続きご支援よろしくお願い申し上げます。

このクラウドファンディングのURLは、

https://camp-fire.jp/projects/view/208171

です。ご覧いただくだけでもOKです。

なお、結果は当ブログで報告したいと思っています。

 

寒山拾得図本堂奉安プロジェクト

| 真之丞 | 23:44 | comments(0) | - |
丸亀製麺のセイロ

香川県のお寺において、行事の際に「うどんのお接待」はごく当たり前です。
当寺の年中行事で、今までは津森町の三谷製麺所様にお願いしていましたが、今年廃業されました。
はてどうしたものかと、三谷さんにご相談したら「城西町の丸亀製麺さんに頼んでみては」というアドバイスをいただきました。ということで、今年の暮れの行事から丸亀製麺さん(丸亀市城西町)にお世話になることにしました。おいしいおうどんでしたw。言わずもがな、全国チェーン店の丸亀製麺様とは違います。
ちなみに12/22の行事でお世話になったセイロを取りに来られないんですよ〜笑。
香川県ではうどん県ということで、年越しそばではなく、年越しうどんの方が多いと思います。近年は年明けうどんもPR中で、ついにあの「日清・どん兵衛年明けうどん」発売のCMをみました。
また、うどん県ならぬ、ヤドン県ということで、ポケモンのヤドンのマンホールがあります。今度探しに行きたいと思います。
それではどうぞ良いお年をお迎えください。

 

丸亀製麺のセイロ

 

◆寒山拾得図本堂奉安事業のクラウドファンディング実施中(2020/1/10まで)◆
https://camp-fire.jp/projects/view/208171

ご支援よろしくおねがいいたします。

| 真之丞 | 16:24 | comments(0) | - |
◆幻の蕪村画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクトお願い◆

有縁のみなさん、年末年始のお忙しい中、改めてお願いいたします。
去る11/18付で、表記の支援お願いについて、ご縁のありました方々にブログ、メール、Facebook等でお知らせさせていただきました。今般、インターネットのクラウドファンディングでもって、有縁の皆さんはもとより、広く世の中の方々にご協力をお願いいたしております。
このクラウドファンディングのURLは、

https://camp-fire.jp/projects/view/208171

です。ご覧いただくだけでもOKです。

伝教大師(最澄さん)のお言葉に「一身(いっしん)弁じ難く、衆力(しゅうりき)成じやすし」があります。これは、一人では困難なことでも、多くの人の力を結集できれば、物事を成し遂げることができるという意味です。クラウドファンディングというインターネットでのご縁を通じて、当プロジェクトにご支援いただけますと大変有り難く存じます。

幻の蕪村画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト【クラウドファンディングご支援お願い】は、令和2(2020)年1月10日までです。ご支援をよろしくお願いいたします!。
残り2週間(14日)を切りました。現在の支援総額224,000円(18%、目標金額は1,200,000円)で17人の方がご協力くださいました(12/28現在)。ご支援下さった方、本当にありがとうございます!。心より厚く御礼申し上げます。
当プロジェクトについて目標額に向かって、シェア、拡散歓迎します。ラストスパートの応援をどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。合掌

 

[発信元]妙法寺住職 大岡真祥
////////////////////////////////////////////
大岡真祥 S.Ooka
〒763-0021香川県丸亀市富屋町9 妙法寺内
TEL&FAX 0877-22-7881
[HP]http://www.busondera.com/


寒山拾得図本堂奉安プロジェクト

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| 真之丞 | 07:15 | comments(0) | - |
令和元年のお講法要を厳修

去る12月22日(日)、天台大師報恩講・永代経法要(通称・お講法要)が妙法寺本堂で厳修され、檀信徒約30名が参拝しました。
以前は平成天皇誕生日の12/23に執り行っていましたが、新しい天皇陛下が即位・改元され、天皇誕生日は2月になります。そこで今年からは「12月の第4日曜日」とさせていただくこととしました。
受付で、この法要の案内状とともに、目下挑戦中のクラウドファンディングについてのチラシを同封しましたところ、法要当日より前に、事前に持参または郵送くださった方がいました。法要当日も持参くださった方が何人かいました。本当にありがとうございます!。
目標額の120万円にはまだまだですが、いよいよラストスパートの頃にさしかかりましたので、是非とも下記URLからご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

★奇跡的修復を経た幻の蕪村画「寒山拾得図」のデジタル複製襖をつくり本堂に奉安したい
https://camp-fire.jp/projects/view/208171

 

さて、11時30分から開式されたお講法要ですが、大岡真捗賛Δ導師のもと、大岡真淳大僧正、大通寺、長尾寺、根香寺、鷲峰寺の各師が出仕し、堂内に阿弥陀経の読経が響く中、参拝者はお焼香をしてそれぞれの想いを祈念していました。
法要では、天台宗の高祖天台大師(智據Δ舛)様に報恩の誠を捧げる「天台大師報恩講」と、当山で永代供養されているご先祖各霊位の冥福を祈る「永代経」、さらに当日参拝の各家先祖代々各霊位菩提のために、読経供養されました。
法要後の法話では、住職から天台宗の由来と、天台大師、伝教大師、元三大師について概略が説明されました。

いずれにせよ、当山における年末の大きな法要が終わってホッとしています。

 

お講法要2019

| 真之丞 | 23:09 | comments(0) | - |
◆幻の蕪村画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト◆クラウドファンディングに挑戦中!【令和2年1月10日まで】

◆幻の蕪村画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト◆
クラウドファンディングに挑戦中!【令和2年1月10日まで】

 

有縁のみなさん、お世話になっています。

このクラウドファンディング『幻の蕪村の名画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト』も残す所、1ヶ月となりました。明年の1月10日までです。クラウドファンディングURLは次の通りです。まずはぜひご覧ください。

https://camp-fire.jp/projects/view/208171

 

遅くなりましたが、今までご支援を賜りました皆様にこの場を借りて、取り急ぎの御礼を申し上げます。本当にありがとうございますm(_ _)m。CFではまだ目標額の11%ということで、まだまだこれからです。引き続きご縁のある皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

◆幻の蕪村画「寒山拾得図」本堂奉安プロジェクト◆クラウドファンディングに挑戦中!【令和2年1月10日まで】

 

さて、当山の年末の行事案内にあわせてご支援募集のチラシを同封しましたところ、檀信徒さんの中には直接妙法寺へご持参くださる方がいらっしゃいました。また、インターネットが不得手な方、クラウドファンディングページでの手続きが煩雑という方、お寺へ持参した方が早いし確実という方などです。

一方、2名の檀信徒の方から実際にパソコンやスマホでキャンプファイヤー様の当該ページから支援下さろうとして、「キャンプファイヤーのクラウドファンディングの画面で手続きを進めていたが、うまくいかない、できない…」云々というお問い合わせをいただきました。私なりにアドバイスし、この2名はうまくいったようです。ありがとうございました。※最終日を終えるまでは、具体的にはメアドも氏名もご住所もどこのどなたからご支援いただいたかはわかりません。

また、昨日はお電話で、クラウドファンディング画面でなく、直接送金したい旨のお問い合わせをいただきましたので、郵便振替で妙法寺へご送金いただく方法をお教えしました。

クラウドファンディングという趣旨とは若干外れるのかもしれませんが、ご支援くださろうという、あたたかいお気持ちを体し、こういう状況を踏まえて『郵便振替』と『現金書留』の方法も示しておきます。「寒山拾得図プロジェクト」とメモ書きくださればありがたく存じます。

■郵便振替=口座番号:01640ー9−19153 加入者名:妙法寺

■現金書留=〒763-0021 香川県丸亀市富屋町9番地 妙法寺宛 TEL:0877-22-7881

もちろん、リターン(御礼)については、このプロジェクトに準じてさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

妙法寺は、江戸時代中期に活躍した俳人画家・与謝蕪村が明和年間に讃岐・香川を訪れ、「蘇鉄図」「寒山拾得図」(国の重要文化財指定)等を残したことから、別名「蕪村寺・ぶそんでら」といわれています。
この度、私共妙法寺が所蔵する蕪村の「寒山拾得図・かんざんじっとくず」について、この幻の名画をデジタル複製技術により襖絵(襖4枚)として再現し、これを現在の本堂に奉安するべくクラウド・ファンディング(All-In方式、購入型)を公開し、勧募をしています。募集期間は令和1年11月18日から令和2年1月10日までです。
目下、このWEBサイトを通じて有縁の皆様からご浄財のご協力、ご支援をお願いいたしております。このクラウド・ファンディングでは、奉安事業費の一部として収蔵庫からの搬出費と超高解像度での撮影費の120万円(目標額)を募ります。
https://camp-fire.jp/projects/view/208171

Googleで「キャンプファイヤー 蕪村」で検索下さっても上位に表示されます。
なお、インターネットができる環境をお持ちでない方や、パソコン、スマートホン等が利用できない方で、当プロジェクトをご支援くださる方は金2千円から受け付けております。この場合、「妙法寺へご持参」「現金書留で妙法寺へ郵送」「郵便振替で送金(名義:妙法寺、口座番号:01640-9-19153)」も大丈夫です。また、当プロジェクトを一人でも多くの方に知っていただきたく(シェア、拡散OK)、有縁の皆様のご協力、ご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
有縁の皆様の応援、ご支援を頂けますならば、大変有り難く存じます。お問い合せは下記までお願いします。

発信元:天台宗妙法寺(蕪村寺・ぶそんでら)
〒763-0021香川県丸亀市富屋町9 妙法寺内
TEL&FAX 0877-22-7881
[HP]http://www.busondera.com/


JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

| 真之丞 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
PR TIMES社様にクラウドファンディングについて掲載いただきました!

クラウドファンディングを開始して約3週間あまり。この間、ご支援を賜りました皆さんに、心より御礼申し上げます。遅くなりましたが、本当にありがとうございます!。また、当サイト(キャンプファイヤー様)での操作方法があまりよくわからないということで、直接お寺にご持参くださった方、郵送下さった方、銀行振込の方もおられます(これらの方はキャンプファイヤーのパトロン数に入っていません)。重ねて御礼申し上げます。遅くなりましたが、取り急ぎの御礼とさせていただきます。

さて、PR TIMES社にいうプレスリリース・ニュースリリース配信サービスを依頼し、今般、各種メディアやプレスに配信いただきました。一例で時事ドットコムニュースのサイトURLです。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000051414&g=prt 

 

キャンプファイヤー様のクラウドファンディングサイトでは、PCやスマホの操作になれていないと、支援する際、入力項目がいくつもありますし、入力漏れも指摘されます。クレジットカードでのご入金もさることながら、個人的にはコンビニ支払いもおすすめです。

プロジェクト管理者としましては、所期&初期のPRは一通りさせていただいたつもりです。逐次推移を見守りつつ、活動報告として寺院紹介や与謝蕪村とのゆかり等を掲載させていただいていいます。

何かございましたらご遠慮なくお問い合わせください。引き続きご支援を何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

 

PR TIMES社様より掲載

| 真之丞 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
妙法寺へバス(団体さん)でお越しになる際の裏技

以前、バスでお越しになる団体様の幹事さんから、「バスで団体が妙法寺へお参りする際、バスはどうするのがいいですか?」というお問い合わせがありました。つまり、バスを降車して徒歩で近い方法はありますか?という趣旨でのご質問です。
石垣で有名な現存12天守の一つである丸亀城や丸亀市資料館を散策される場合は、【丸亀城北側駐車場】がおすすめです。妙法寺へは丸亀城大手門から徒歩5分、丸亀市資料館から徒歩6-7分です。
一方、妙法寺へバスで団体さんがお参りされる場合は、丸亀城北側駐車場より近い方法があります。ある意味裏技です。
実は東西に走る県道33号線の富屋町南側交差点から妙法寺へは徒歩30秒〜1分なんです。つまり、富屋町南側交差点で降車すれば、妙法寺へはとても近いというわけです。
東西に走る県道33号線は片側2車線で車の通行量も多いです。私のおすすめは、33号線から南に曲がったすぐの所(=「ステーキハウス神戸牛・香音」付近)です。この南北に走る道は片側1車線ですが、通行量が少なく、道路もまあまあ広いです。横断歩道を渡っていただきますが、横断歩道の待ち時間を含めても徒歩2分もあれば大丈夫です。引率の方や添乗員さん、バスガイドさんがいるとスムースに誘導もできますので、おすすめです。
妙法寺で団体バスでお越しになろうという方、ぜひ参考になさってください。ただし交通安全にはくれぐれもお気をつけください。


以下に写真付きでご案内します。県道33号線において妙法寺付近のランドマークとしては、「ドンキ・ホーテ」「愛媛銀行丸亀支店」「ステーキハウス神戸牛・香音」「毛利果物店」「天勝※2019年11月現在閉店した和食店」です。特に「ドンキ・ホーテ」「愛媛銀行丸亀支店」「ステーキハウス香音」がナビ等でも入れやすいでしょう。
なお、団体でご参拝&お越しになる場合は、事前にご予約(TEL0877-22-7881)をいただいたらありがたいです。

それでは写真付きで「大型バス下車→徒歩参拝方法・ある意味裏ワザ」をご案内します。
 

【1】富屋町南側交差点です。写真左には「ドンキ・ホーテ」さんが見えます(県道33号線)。正面のビルが「ステーキハウス香音」さんです。降車のおすすめ地点は、南北の道路に面する「ステーキハウス香音」さんと南隣のビルの前あたりです。富屋町商店街南側入口交差点

 

【2】東西に走る県道33号線で、富屋町南側入口です(毛利果物店さんと天勝=2019年秋に閉店)。少しわかりにくいですがオレンジの看板の「愛媛銀行丸亀支店」がみえます。

富屋町商店街南側入口交差点

 

【3】南北に走る富屋町です。左側が天勝さん(2019年秋に閉店)、右側が毛利果物店さん。ここから富屋町に入って妙法寺はすぐです。

富屋町商店街南側入口交差点

 

【4】妙法寺入り口です。山門と自家用車用の駐車場がありますので、すぐわかります。

妙法寺入口

 

以上、『妙法寺へバス(団体さん)でお越しになる際の裏技』でした。

| 真之丞 | 14:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode