Entry: main  << >>
お茶の十徳

 私事、日本茶が大好きで、お寺におりますと毎日朝から飲んでいます。
『お茶の十徳』というのがあります。日本茶の箱に説明書きが入っていたりします。
例えば伊藤園さんのホームページ等にも紹介されています。

○伊藤園HP
http://www.itoen.co.jp/company/specialty_store/chajuttoku/yurai/


「茶十徳」とは、茶祖・栄西禅師(えいさいぜんし)の弟子明恵上人(みょうえしょうにん)が、京都の栂尾高山寺の庭に茶の種を蒔き、お茶を飲むことの効用を『十ヶ条』に著し、広めたことに由来します。お茶を飲むことで十の徳がある、という意味から茶十徳の店名が生まれました。
明恵上人は茶の湯釜の側面にお茶に関する十の徳を刻み、茶の効用を説いたといわれています。
お茶と日本仏教はゆかりがあり、お茶を飲めば健康で長生きでき、神仏に護られて穏やかに臨終を迎えられることが説かれています。お茶を点てて神仏や御霊にお供えすることを献茶といいます。お茶が古くから仏事や法事に用いられたのには、このような意味があるからです。


(1)諸天加護
お茶は強く根をはり、一年中緑を保ちます。その生命力があなたを守ります。

(2)無病息災
お茶は「養生の仏薬」ともいわれ、毎日を元気に暮らすことができます。

(3)父母孝養
お茶の深い味わいは素直な心を芽生えさせ、父母への感謝の心を育てます。

(4)朋友和合
一服のお茶が楽しい語らいを生み、家族の団らんや友愛の場をかもします。

(5)悪魔降伏
お茶の香気や成分は疲労を解消し、心の迷いまでも払拭します。

(6)正心修身
「茶道」として生きている風習は、精神修養の効果があります。

(7)睡眠自除
お茶は神経を活発にさせ、頭脳と血液の循環を増進します。

(8)煩悩消滅
お茶の深い味わいは、わずらわしい世事の疲れを忘れさせます。

(9)五臓調和
タンニン、アミノ酸、ビタミンCなどの保健成分が体調を整えることを助け、身体のバランス維持に役立ちます。

(10)臨終不乱
お茶はその昔、仙薬として珍重されました。愛飲が心の平静を保ち、天寿を全うすることにつながります。


以上、お茶の十徳でした。

| 真之丞 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Profile

日めくりカレンダー

九星気学


-方位学-

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode