Entry: main  << >>
つくづくと浮世の中を思ふには
つくづくと 浮世の中を 思ふには まじらざるこそ まさるなりけり

○つくづくと 浮世の中を 思ふには まじらざるこそ まさるなりけり
先日の会議出張へ向かうべく坂本地区を歩いていましたら、生源寺のある交差点に石碑街灯がありましたので紹介します。
元三慈恵大師(良源)の『七猿歌』の第1に、
一、独り処して交じらざるを愈(まさる)とする
 つらつらと うき世の中を思うには
  まじらざるこそまさるなりけれ
とあります。表記の石碑と原文は同様と思われます。
七猿歌は、権現の使いである猿に因んで、「さる」を詠み込んでつくられた七種の歌の処世訓です。
三井寺さんのホームページによりますと、「見ざる、聞かざる、言わざるの三猿歌と合わせた七猿歌は、天台教学の要諦、諸法実相、三諦円融を内蔵した御歌ではと思える。」
http://www.shiga-miidera.or.jp/doctrine/flores/126.htm
とあります。もちろん三猿は「見ざる、聞かざる、言わざる」のそれです。
これらは迷いや煩悩の元と関わらないという意味です。まずもって原因のことを思わないことが大切です。
ある意味消極的な対処法かもしれませんが、「交じわらない」というのは、あれこれ考えなくてすむ方法ですので、有効でしょう。
石碑では「つくづくと」となっていますが、これは石碑の制作者の実感を込めたのかもしれません?ね。

なお、『慈恵大師七猿歌』の画像は次のURLより引用。
『七猿歌』
http://www.cty-net.ne.jp/~masahiro/soku/hitorigoto/7/7.html

| 真之丞 | 13:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
“思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。”マザーテレサ名言 この言葉に、私自身が愕然としました。
Posted by: オルゴール |at: 2013/06/18 11:42 PM
オルゴールさん、こん**は。
レスが遅くなりました。マザーテレサさんのお言葉なんですね。
己の所行はまずもって考えることから何事も始まります。仏教の縁起の思想に似ているように思います。
Posted by: 真之丞 |at: 2013/06/21 11:41 AM








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Profile

日めくりカレンダー

九星気学


-方位学-

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode