Entry: main  << >>
恒例のお講法要を奉修、松田氏が詩吟披露

天台大師報恩講・永代経法要(通称・お講法要)が平成28年12月23日に妙法寺本堂で厳修され、檀信徒約30名が参拝しました。
法要では大岡真捗賛Δ導師のもと、大岡真淳大僧正、大通寺、長尾寺、根香寺、鷲峰寺の各師が出仕して『阿弥陀経』が読経され、各家先祖代々霊位の菩提が祈念されました。
今回は法要終了後に松田ソウ泉氏が哲泉流の詩吟(詩に節をつけて吟詠する伝統芸能)を披露され、『江南の春』ほか全7曲を熱唱しました(=写真)。途中、高口始泉氏によるリラックス体操や、三好霊和先生(水心黎明流)が曲に合わせて舞踊し、花を添えて下さいました。
普段なかなか聴くことができない詩吟について松田氏がわかりやすく説明され、和やかな一時を過ごしました。
 

恒例のお講法要(2016年)

| 真之丞 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Profile

日めくりカレンダー

九星気学


-方位学-

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode