Entry: main  << >>
終活カウンセラー初級を受講

終活カウンセラー協会主催の『終活カウンセラー初級講座・検定』が高松市内であり、お勉強と思い、受けてきました。
終活とは、人生の終焉を考えることを通じて、自分をみつめ、今をよりよく自分らしく生きる活動をいいます。終活というと、来たるべき死に際してお葬式やお墓の準備というイメージがあるかもしれませんが、武藤代表曰く、限りある命の中で、先にある不安や課題を元気なうちに取り組んで解決しようということで、単なる死への準備ということではなく、「やり方」でなく「あり方」を伝えていくことだという言葉が印象的でした。
介護保険とサービス、保険(生命・医療)、年金、相続、お葬式・供養について、駆け足でレクチャーがありました。
終活カウンセラーの役目は各専門家への橋渡しで、相手のお話を聴くことがとても大切なんですね〜(カウンセラーですから)。
それからエンディングノートの重要性を説かれていました。買ったら是非記入し、家族にそのことを伝えておくことが大事です。代表は毎年誕生日にその年の1冊をお書きになっているとか。
私事、法律関係、年金、保険、相続問題は苦手ですが、自分のことにも参考になり、私のお仕事にも関係することが多く、勉強になりました。ありがとうございました。

 

終活カウンセラー初級を受講

| 真之丞 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

日めくりカレンダー

九星気学


-方位学-

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode