Entry: main  << >>
お墓の改葬について 〜引っ越しや墓じまい〜

ある檀家さんから後継者がいないということで、いわゆる「お墓の引っ越し」や「墓じまい」についてご質問を受けました。この改葬(かいそう)の一般的な手順について説明します。

 

【改葬手続き前】

仝什澆諒菽呂箸龍┻帖将来にお墓をどうするかについて検討している旨を伝え、時間をかけて話し合うことが望ましい。

⊆入先の墓地を探して契約。施設利用契約書や領収書、墓地使用規則は大切に保存しておく。

 

【改葬の手順】

仝什澆諒菽呂魎紐蹐垢觧堋村で『改葬許可申請書』の用紙をもらう(自治体のホームページからダウンロード可能)。

移転先の墓地で『受入証明書』に記入、押印をもらう(施設利用契約書や領収書が受入証明となる場合もある)。

,痢慍葬許可申請書』に必要事項を記入後、末尾の「上記埋葬の事実を証明する」の部分に、現在の墓地の管理者(宗教法人、公営霊園、民間霊園)の住所・名称の記入と押印をいただく。 インターネット上では、「改葬許可申請書のほかに受入証明書と埋葬証明書が必要」と書かれているが、多くの自治体の書式では、埋葬証明は『改葬許可申請書』と一緒になっている。『受入証明書』は別用紙なので、元の墓地の管理者に移転先がどこであるのかを知られることはない。なお、公営霊園からの改葬の場合は、石材店による『撤去証明』(この日までに撤去工事を終えるという証明)も必要。

じ什澆諒菽呂魎紐蹐垢觧堋村に役場に、記入・押印が済んだ『改葬許可申請書』と『受入証明書』(施設利用契約書や領収書が受入証明となる場合はその「原本」)を持参すると、『改葬許可申請書』の内容を『改葬許可証』に変更してくれるので、これを受け取る。

ジ什澆諒菽呂ら遺骨を取り出し(その際、お性根抜きの閉眼供養をするのが望ましい)、移転先へ運ぶ。なお、即日に運べない場合は遺骨の保管先を確保する。

Π榲樟茲諒菽呂忰い納け取った『改葬許可証』を持参して納骨する。その際、開眼供養をするのが望ましい。

 

一方、諸費用についてです。移り先の契約にかかる費用ばかりに着目しがちですが、撤去工事や輸送にも費用がかかるので注意が必要です。

 

【既存(移動前)の墓地】

仝什澆里墓の撤去費用。石材店で見積もりをとる。

∧調禧〕棔覆性根抜き)のお布施。 ※いわゆる墓じまいならば、この閉眼供養と墓石撤去と同時に、お墓で眠っていたご先祖様の遺骨をしかるべき寺院等へ永代供養を依頼する。この永代供養料。

M∩費。

 

【移転先の墓地】

/卦墓地の契約。

移転するお墓の設置費または新しいお墓の建立費。

3眼供養(魂入れ)のお布施。

 

妙法寺霊園

 

参考文献『聖の社会学』勝桂子著

| 真之丞 | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode