Entry: main  << >>
妙法寺の元三大師と角大師護符が紹介されました

先週、瀬戸内海放送様から取材を受け、KSBスーパーJチャンネル(瀬戸内海放送の夕方のローカル報道番組)で取り上げて下さいました。
当寺に来訪された方に伺ったところによると、6/23付のYahoo!ニュースでKSB提供としてネット報道されたとのことです。ちなみに内容は同じです。
この「妙法寺の元三大師と角大師護符」について、KSBさんがホームページ&Youtubeにアップ下さっています。どうぞごらんください。

 

 

○Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/3a2a38e0616f86dbb0e9c94cf5d83c6bc1f29068
○瀬戸内海放送(KSB)
http://www.ksb.co.jp/newsweb/index/17741

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【生活・話題】最新ニュース2020年06月23日 18:15
〈新型コロナ〉全国から注文急増 妙法寺の疫病除けお守り「角大師」 香川・丸亀市

約1000年前、疫病から人々を救ったお坊さんがいました。ゆかりの寺を訪ねました。

天台宗妙法寺(香川県丸亀市)

(香川県丸亀市の「妙法寺」)

香川県丸亀市の「妙法寺」。江戸時代の俳人、与謝蕪村が滞在し絵を残したことで知られ、「蕪村寺」とも呼ばれています。ここは平安時代中期に活躍した天台宗の僧、元三大師(がんざんだいし)ゆかりの寺です。

 

疫病から人々を救った言い伝えが残る「元三大師」

疫病から人々を救った言い伝えが残る「元三大師」

 

「おみくじ」の原形を作ったとされる元三大師ゆかりの寺院は全国に300以上あります。
この元三大師は疫病から人々を救ったという言い伝えが残っています。

角大師の護符

(角大師の護符)

 

平安時代、疫病に苦しむ人々を救うため、元三大師が祈ると、鏡に鬼の姿が現れました。
この姿を写した護符を家の戸口に貼りつけると疫病が終息したといわれています。

天台宗妙法寺/大岡真祥住職

(天台宗妙法寺/大岡真祥 住職)

 

「以来1000年以上経っておりますけれども今でも連綿とこの元三大師の角大師と申しますが、角大師のお札を頒布して魔除け、病気除け、厄災除けの護符として授けられているということでございます」

 

野口真菜リポート

(野口真菜リポート)
「護符とは、災いから身を守るためのお守りのことです。この角大師の護符は、新型コロナウイルスが流行した数ヶ月間で注文数が一気に増えたといいます」

今年、妙法寺ではすでに300ほど護符の注文がありました。
これは去年の同じ時期の10倍以上です。そしてその多くがオンラインでの県外からの注文です。

(天台宗妙法寺/大岡真祥 住職)
「安心感がないと、何事も余裕が生まれません。仏教的には安心(あんじん)と言いますが、心の安らぎというものが大事なんじゃないかと思います」

Copyright (c) Setonaikai Broadcasting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Copyright c 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
取材では元三大師良源さんのこと、角大師護符の由来等、本家である比叡山延暦寺の角大師護符や『元三大師絵伝記』も示してご説明しました。
新型コロナウイルスは長期化の様相です。コロナ対策の3密(密閉・密接・密集)に注意し、マスクや手の消毒をして自分のみならず、周囲に迷惑をかけないように注意しましょう。そして角大師の護符が千年以上にわたり受け継がれているというのは先人の智恵であるように思います。護符・お守りといった形で神仏のご加護のお陰もいただきながら、厄災を離れ、安心(あんじん)を得て、この難局に気持ちで負けないようにしようではありませんか。

| 真之丞 | 14:36 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode