Page: 2/242  << >>
丸亀城天守閣よりの眺め

丸亀城の天守閣に登ってきました。といいましても標高60mくらいですから所要時間も10分あまりです。最初に「見返り坂」と言われる坂が少々きついです。思わず見返るから見返り坂といいます。二の丸跡までいけば、天守閣はすぐそこです。
香川県丸亀市にある丸亀城は現存十二天守の一つです。「扇の勾配」と言われる石垣をもち、日本100名城にも選ばれています。
目下、崩落した石垣(お城の南西部分)の修復作業に取り組んでいます。
上の写真は、天守閣の南側からのものです。下の写真は、天守閣からみた北側・丸亀港方面の眺めです。写真の左に青い色のビル(=丸亀プラザホテル)がありますが、妙法寺はその北隣に位置します。

 

丸亀城天守閣

| 真之丞 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
JR丸亀駅構内のポスター掲示

丸亀市観光協会様が、パンフレットとともに妙法寺の拝観案内についてポスター(A1版)を掲示くださっています。ありがとうございます。丸亀駅南側の出入口付近にある観光案内所前といいますか、改札から出たら右側にあります。
当寺もポスターフレームに入れて同じポスターを富屋町商店街に面して設置してご案内しています。
「瀬戸内国際芸術祭2019秋会期」が始まって4日経ちましたが、当寺へ外国人(アメリカ人)が1組お越しでした。四国遍路にお越しになったようで、私の片言英語で何とか応対しました(笑)。
秋会期は西讃(香川県中西部)の島々も会場となっています。本島(丸亀市)、高見島(多度津町)、粟島(三豊市)、伊吹島(観音寺市)の4島です。私的には丸亀市沖にある本島会場へどれくらいの観光客が足を運んでいらっしゃるかなあと興味津々です。
 

JR丸亀駅構内で妙法寺ポスターも掲示

| 真之丞 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
妙法寺(蕪村寺)拝観は9月28日(土)スタート!!

与謝蕪村が明和3(1766)年秋から同5(1768)年の夏にかけて讃岐国(香川県)を訪れ、妙法寺に逗留して絵を残したことから、妙法寺は別名「蕪村寺・ぶそんでら」といわれている。

 

今般、妙法寺では所蔵の与謝蕪村筆「蘇鉄図」「寿老人図」「竹図」(いずれも国の重要文化財)の複製を制作いたしました。これらの蕪村画をはじめ、本堂内や小堀遠州作庭の「崩れ石の庭」とともに、令和元年9月28日(土)から拝観をスタートいたします【パンフレット写真参照、1人500円】。
特に讃岐時代の代表作品として有名な大作「蘇鉄図」(左隻)は襖に表装し、製作された当時(当初、江戸時代中期に作られた状態)の様子を再現いたしました。
また本堂では秘仏金剛界大日如来や開運招福大黒天様が祀られ、特に元三大師様と元三大師降魔尊像(丸亀市指定文化財)を間近でお参りでき、参拝者自らがおみくじをひくことができます。
さらに写真撮影を原則OKとし、想い出の記録を残していただけます(ただし他の拝観者の撮影不可)。そしてFacebook、Twitter、Instagram、LINEなどに投稿もOKです。

 

当寺の拝観開始は瀬戸内国際芸術祭2019の秋会期が始まる9月28日(土)からです。今後は丸亀における新たな観光スポットとして有縁の皆様にお参りいただきたいと考えております。
妙法寺公式ホームページに拝観案内ページを作成しましたので、見所やアクセス、駐車場情報はそちらをご覧ください。写真のパンフレットはPDF形式でダウンロードも可能です。


【妙法寺公式ホームページ】http://www.busondera.com/

 

当記事のシェア(Share)拡散大歓迎です!。どうぞよろしくお願いいたします。妙法寺住職謹白&合掌
 

妙法寺(蕪村寺)拝観のご案内妙法寺(蕪村寺)拝観のご案内

 

| 真之丞 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
瀬戸内国際芸術祭2019のフラッグin通町商店街

通町商店街の南北におよそ290メートルにわたって『瀬戸内国際芸術祭2019』のフラッグが飾られています。各店舗前にズラリとなので、壮観ですし、いよいよ秋会期スタートだという実感がわきます。ちなみに通町は富屋町商店街の1本東側にあります。

岡山香川の瀬戸内海の青(ブルー)を基調とし、島々の地図が融合したデザインです。第1回は2010年で、3年に1度開催されていますが、このスタートした時から基本的に同じデザインとなっています。なお、開催年によって島への航路、開催場所の違いがあるので、厳密な比較はしてませんこと、申し添えます。

また、丸亀市コミュニティバス(琴讃バス) のフロントに、瀬戸芸の青いフラッグ(同じデザインのもの)が掲げられ走行しています。よいPRになると思います。

瀬戸芸2019秋会期スタートの9月28日まで、あと6日ですね。

 

瀬戸内国際芸術祭のフラッグin通町商店街

| 真之丞 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
曼珠沙華咲いています

曼珠沙華2019

 

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉通り、朝夕夜はめっきり涼しくなりましたね。先週はじめの超残暑がウソのようです。

今日が秋のお彼岸の入りで1週間(7日間)がお彼岸です。例年、秋分の日がお彼岸の中日で昼と夜の時間が同じ(12時間ずつ)になります。

今年も薄黄色の曼珠沙華が境内に咲きました。彼岸花といわれる曼珠沙華ですが、どうも気温とはあまり関係なく、昼夜の日照時間で発芽しているようです。当山の曼珠沙華の開花状況を鑑みるにですが。

瀬戸内国際芸術祭の秋会期スタートが8日後となりました。丸亀市では沖合10kmにある本島が今期会場となります。

当寺もこれを機に拝観をスタートします。詳細は妙法寺公式ホームページ(http://www.busondera.com/)や当ブログでお知らせします。

鋭意、諸準備にいそしみます、汗。HPのメンテもしないとけませんね、汗汗。

 

| 真之丞 | 07:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
古文書講座

毎月1回、坂出市主催の古文書講座に参加しています。
古文書に関しては、仕事柄、浅からぬご縁があります。以下のURLも参照。
http://blog.busondera.com/?day=20070915
また、他寺や他家のお家の床の間の書、博物館の展示など、比較的触れる機会がやはりあると思います。
学生時代に『古文書学』が任意履修科目にあったのですが、今思えば受講しておけばよかったとちょっぴり公開しています。
さて、参加中の古文書講座ですが、市史編纂室の先生が講師で、毎回、坂出市ゆかりの文書を読みます。私事、古文書自体はおおむねよく読めません(汗&笑)。といいますか、毎回ご参加のベテランの方が、ご自分なりの判読をどんどん言われるので、このペースで授業が進んでしまいます。したがって初心者の私は答えといいますか、書き下し文を聞いて書く(=メモる)のが精一杯です、大汗。講義の最後には答え(解説プリント)は下さるのですけでね。。。
それから、古文書本文以外の先生の余談なり、関連話は大変面白いので、毎回楽しみです。。

 

S市主催の古文書講座


もし可能なら、初心者(初級者)コースと上級者コースの2コースを設定してほしいと思うのは私だけでしょうか。
ちなみに香川県文書館(高松市)は入門編と応用編の2コースがあります。
https://www.pref.kagawa.lg.jp/bunshokan/course/index.html

| 真之丞 | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode